日本和食学園(Japan Culinary Institute)について

美しさと健康効果を誇る和食は、2013年にユネスコの無形文化遺産に登録され、世界で注目を集めています。また、和食の需要の高まりから世界中で日本食レストランが増え続けています。そんな和食を、日本から世界にきちんとした形で伝えたい。その思いからJCIは生まれました。

Sushi(寿司)、Tofu(豆腐)、Ramen(ラーメン)など、日本食の単語が今では広く知られるようになりましたが、和食が世界で大きく注目されている本当の理由には、健康的な食事やライフスタイルを求める世界的なトレンドが背景にあります。だしに含まれる第5の味覚「うま味」を用いることにより、動物性脂肪や塩分を軽減しながら食材本来の風味を高めるという和食の調理技術の秘密を学びに世界各国のシェフが日本を訪れ始め、今では世界中の料理に「うま味」の概念が用いられています。和食は何世紀にも渡って伝統的にこの調理技術を使い続け、哲学的な生活様式と併せて完璧なレベルにまで高めました。これにより、より健康的な生活やビジネスチャンスを求めて和食を学ぶ人が増えています。

 

しかしながら、和食への注目度と需要の高まりに比べて、海外で本物の和食を味わう機会は非常に限られています。海外での和食レベルが一般的に低いままである理由には以下の複数の点が挙げられます:

1)季節ごとに適した材料の入手が困難である(高価すぎる、または希少である)こと

2)経験の浅い料理人による、本格的な和食を表面的なコピー

3)調理法は学んだものの、内包する精神が完全に伝わらないまま表面的に適用される。

実際に和食は日本の料理や食べ物だけではなく、謙虚さ、尊敬、感謝、そして他者や自然への思いやりなど、生きる上でのあらゆる概念を表しています。本物の和食を提供するには、料理人は正しい調理技術と知識だけでなく、日本の文化と精神を理解する必要があります。海外出身の料理人の中には、実際の和食料理人から本格的な日本料理を習うために来日する人もおり、おそらくは見習いとして数ヶ月から数年を過ごしますが、一般的に言えば、本格的な和食を学ぶことを希望していても時間に限りがある留学生や、優れた料理人から教わるための推薦状を持たない留学生にとって、本物の和食を学ぶ機会は限られています。

 

Japan Culinary Institute(JCI)の目的は、日本の食文化全般についての高度な教育を実現することによって、本格的な和食を世界中の人々に提供することです。当校では、専門的な目的と個人的な充足目的の両方から本格的な日本料理を学ぶことを望むすべての人に、初心者レベルからスキルを磨くプロまで、そして自分のお店を開く準備をするためのコースを提供しています。

すべてのコースは英語または英語通訳付きでの受講が可能なため、留学生は言葉の壁を感じることなくトップレベルの料理研修を受けることができます。また、料理はその文化と切り離せないため、当校では、多くの他の料理学校にはない、料理研修と共に日本文化を学ぶ豊富な機会を提供しております。

© 2018 Japan Culinary Institute by Florence Culinary Art School

​Japanese Culinary Art - Washoku - Ramen - Sushi - Yakitori - Home Cooking - Vegan Cooking

 

- Culinary school for foreigners in Japan with lessons in English -